鹿児島市 建設業許可申請 姶良市 更新追加 経営事項審査 決算変更届 産業廃棄物許可

建設業許可申請 産業廃棄物許可専門 行政書士坂本智洋事務所 お電話でのお問い合わせ

産業廃棄物許可

ホーム>産業廃棄物許可
Menu
ホーム
建設業許可申請
産業廃棄物許可
料金案内
お問い合わせ

メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

産業廃棄物許可

産業廃棄物に関する届出の要件

要件1
「産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物の許可申請に関する講習会」を修了している、法人の取締役又は事業所の代表者、個人事業の場合は代表者の方がいる事。
※新規講習会の修了証の有効期間は発行日から5年です。
要件2
経理的基礎
・利益が計上出来ていること。
・債務超過の状態でないこと。
※事業計画書の作成により認められる事もありますのでご相談下さい。
要件3
事業計画を整えていること
・排出事業者から産業廃棄物の運搬の委託を受けることが確実で、産廃の種類や性状を把握できること。
・取り扱う産廃の性状に応じて、収集運搬基準を遵守するために必要な施設があること(車両及び運搬容器)。
・搬入先が産業廃棄物を適正に処理できること。
・業務量に応じた収集運搬の施設があること。
・適切な業務遂行体制が確保されていること。
要件4
欠格要件に該当しないこと(役員が下記に該当しないこと。)
・成年被後見人若しくは被保佐人または破産して復権を得ていないもの。
・禁固刑以上の刑を受け、5年を経過しないもの等。
・産業廃棄物処理法等の法律に違反し、罰金以上の刑罰を受け5年を経過しないもの。
・暴力団の構成員であるもの。
・暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しないもの。
要件5
収集運搬の用に供する施設
産業廃棄物が飛散、流出、悪臭の漏れのないような運搬車、運搬容器を有する必要があります。
産業廃棄物等の早く許可取得されたい方へ
「産業廃棄物関連の許可を受けたい」そのために今から講習を受けようとお考えのお客様、許可を早く受けたいのなら講習を受けてからではなく、講習を受けると決めた時に申請準備を始めませんか?
添付資料も多く、実際使用中の車両の写真、車検証の写しなど多くの添付資料等が必要となります。ですので、予めご案内し講習までに準備出来るものを準備しましょう。
産業廃棄物に関する費用について>>

産業廃棄物の種類

事業活動に伴って生じる、燃え殻・廃油・汚泥動物のふん尿・がれき類等の種類
種類 内容・具体例
廃プラスチック  
ゴムくず  
金属くず  
ガラスくず
コンクリートくず
工作物の新築、改築又は除去に伴って
及び陶磁器くず 生じたものを除く
がれき類 工作物の除去に伴って生じたコンクリート
の破片など
燃え殻 焼却炉から発生する石炭がらなど
汚泥 工業廃水処理や物の製造工程などから排出される泥状のもの
廃油 潤滑油、洗浄用油等の不要になったもの
廃酸 酸性の廃液
廃アルカリ アルカリ性の廃液
鉱さい 製鉄所の炉の残さい
ばいじん 焼却施設等から発生するばいじんであって、集じん施設で集められたもの
紙くず 1、建設業に係るもの(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものに限る)
2、パルプ、紙又は紙加工の製造業に係るもの
3、新聞業に係るもの(新聞巻取紙を使用して印刷発行をおこなうものに限る)
4、出版業に係るもの(印刷出版を行うものに限る)
5、製本業及び印刷物加工業にかかるもの
木くず 1、建設業にかかるもの(工作物の新築、改築、又は除去に伴って生じたものに限る)
2、木材又は木製品の製造業に係るもの(家具製造業を含む)
3、パルプ製造業に係るもの
4、輸入木材に係るもの
5、物品賃貸業に係るもの

6、貨物の流通のために使用したパレット(パレットへの貨物の積付けのために使用した梱包用の木材を含む)

繊維くず 1、建設業にかかるもの(工作物の新築、改築、又は除去に伴って生じたものに限る)
2、繊維工業に係るもの(衣服その他の繊維製品製造業を除く)
動植物性残さ 食料品製造業、医薬品製造業又は香料製造業において原料として使用した動物又は植物に係る固形状の不要物
動物系固形不要物 と畜場においてとさつし、又は解体した畜獣及び食鳥処理場において食鳥処理をした食鳥に係る固形状の不要物
動物のふん尿 畜産農場に係るものに限る
動物の死体 畜産農場に係るものに限る
13号廃棄物 上記19種類の産業廃棄物を処分するために処理(コンクリート固形化等)したもの
特別管理産業廃棄物
種類 内容・具体例
廃油 揮発油類、灯油類、軽油類の燃えやすい廃油
廃酸 pH2.0以下の酸性廃液
廃アルカリ pH12.5以上のアルカリ廃液
感染性産業廃棄物 感染性病原体を含むか、そのおそれのある産業廃棄物(血液の付着した注射針、採血管等)
廃PCB等 廃PCB及びPCBを含む廃油等
廃石綿等 建築物等から除去した飛散性の吹き付け石綿等
害産業廃棄物 水銀又はその化合物、カドミウム又はその化合物、鉛又はその化合物、有機リン化合物、六価クロム化合物、砒素又はその化合物、シアン化合物、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ダイオキシン類等
燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、鉱さい、ばいじん等

産業廃棄物の事業場外保管について

産業廃棄物の排出事業者が気を付ける点
建設工事に伴い生じる廃棄物
排出した事業所において自ら保管
保管する場所の面積が300平方メートル以上
上記の全てに該当する場合、原則として予め都道府県知事に届ける必要があります。違反した場合、6月以下の懲役又は50万以下の罰金つまり欠格要件に該当します。
注意
非常災害のための応急措置として保管した場合は、14日以内に届出ます。
届出事項の変更も事前に届出
保管をやめた場合は30日以内に届出
特別管理産業廃棄物についても保管届出制があります。
行政書士坂本智洋事務所
〒890-0064 鹿児島市鴨池新町2-1-605号  [TEL] 099-204-7698  [TEL] 099-204-7699  
[受付時間] 9:00〜18:30(月〜金) ※土・日・祝日、時間外の訪問依頼は前日までに、ご連絡下さい。
ホーム建設業許可申請産業廃棄物許可料金案内お問い合わせプライバシーポリシー
Copyright (c) All Rights Reserved. このページの先頭へ